「タラとカリフラワーのスパゲティ 自家製からすみ」

今週はタラとカリフラワーのスパゲティです。

タラを適当な大きさに切って、表面に焼き色がつくまでフライパンで焼きます。

カリフラワーは半分はピューレにして、残りの半分は適当な大きさに切ってパスタの具材にします。

焼き色を付けたタラと、カリフラワーと、カリフラワーのピューレをパスタパンに入れます。

タラとカリフラワーの相性は良く、タラから出たうま味が
カリフラワーのやさしい甘味と合わさって美味しいソースになります。

茹であがったスパゲティをタラとカリフラワーのソースに絡めて器に盛りつけます。
上からオリーブオイルとローストしたパン粉をかけます。
そしてさらに、自家製からすみをおろしたものをふりかけます。

タラのうま味、カリフラワーの甘味、そして自家製からすみが良いアクセントになってスパゲティに絡みます。

話は逸れますが、お腹いっぱい食べることを

『鱈腹(たらふく)食べる』

と言いますが、タラは産卵期を迎えると身近な生物をなんでも食べてしまうほど大食いなことに由来すると言われています。

そんな旬なタラを使ったガツンとパンチの効いたパスタをどうぞ鱈腹食べに来てください!!

パン屋とイタリアンバール

くえろ・くえら

梅田

IMG_5195.JPG